料理が好きな人も、そうでない人も楽しく読めるブログを目指しますw


by country-cafe
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

*コックの帽子*

えー、お久しぶりです。
バイトの面接の報告以来1ヶ月が経ってしまいました(ノ∀`)

・・・・姉さん、優は元気です。




さてさて、月曜の始業式を皮切りに、
新たに専門学校で授業がスタートしました(*´▽`)


ということで、バイトや授業で習った、食やレストランに関するあれこれで
面白そうだなーと思ったものを、
紹介していこうかな・・・なんて思ってますw






ということで、初回の今日なのですが・・・。



皆さん、コックの帽子の高さ、偉さによってなぜ高さが違うか知ってますかね?



フランス料理を食べに行ったりなんかすると、
シェフは高ーい帽子被ってますよね。
(最近は衛生面から使い捨ての紙のコック帽で、
 皆同じ高さのとこも多く、私のバイト先もそうなのですがw)




実は、コックさんがかぶる帽子って昔はベレー帽みたいな形だったんです。
んー、給食のおばちゃんみたいな感じかな・・・?w



それがなぜ今の形になったかと言うと・・・



初めてこの高い帽子をかぶった人、
August・Escoffier(オーギュスト・エスコフィエ)といいます。おフランスな人です。




彼は料理の才能もセンスもあって、素晴らしい人だったそーです。
・・・が、背が低かったそうで・・・・・。



で、厨房内でコック達が料理長である彼を探す時に・・・
(仕上がりのチェックだったり、ソースの味のチェックだったりがあるわけです)






・・・・ちっちゃいと見えない。






というわけで、高い帽子をかぶった・・・らしいです。
長い帽子が突き出てれば、込み合った厨房内でも、
「ぁー!シェフはあそこかー!!」ってわかるわけですもんね!




聞いた話ですから、真偽はわかりませんw
でも、きっとそうなんでしょうね・・・w


コック達の帽子には、そんな理由がありました。


・・・ただ、実際被ってみると通常のコック帽でも
作業で下向いたときに人に当たったりします・・・。


シェフの周りにいるコックは大変だね・・・。
頭が動けばその半径60センチぐらいは射程距離ですから・・・(笑)
[PR]
# by country-cafe | 2007-04-19 22:11 | 雑学
こんにちは。近所のコンビニにむちゃくちゃ可愛い子がいて、




娘か嫁に欲しいぐらいです(何)




いや、だって・・・ほんと。
顔もかわいいし、笑顔ステキだし、
おまけに接客も。゚+.(・∀・)゚+.゚イイ!!


コンビニに行くたびに癒されております。優です。







さてさて、昨日の続きのお話・・・。






師匠(何「ぁ、お話聞いてますよー。どうぞ、入って入ってー。」


 優「ぁ、ハイ!失礼します・・・><」



師匠(気が早い)につづいて店内へ。
まだ夕方の営業までにちょっと時間があったので
スタッフの皆さんは準備してらっしゃいました・・・><

適当にテーブルに座ってお話開始・・・。



師匠「あぁ、最初に聞きたいんだけど、なんでこのバイトしたいの?
    Sさんの紹介だから、あんまり心配とかはしてないんだけど・・・。」


 優「え・・・っと・・・。ですね・・・。」



と、ここでSさんに話したように、理由をお話いたしました。

・・ってかSさん・・・そんなにすごい人だったんですね・・・。
もうわたしゃビックリですよ・・・。
そういえば、Sさんの彼女さんとここ食べにきたとき、
彼女さんが言ってたっけ・・・・・。


彼女さん「ぁー。ここSさんと来るとね。厨房から一人一人挨拶に来て、
      何か落ち着かないんだよねー。あはははは(笑)」



・・・・・・とりあえずすごい方と知り合いだったらしい・・・。





で、一通り話終えて・・・・ですね、
次は何を聞かれるのかなぁ・・・ってドキドキしてたら、



師匠「んー・・・。じゃあいつから入る?」







・・・・・・・・・・・え?




思考が一瞬停止しました。うん。



だってさ。なんかもっと・・・こう・・・。
バイトっつってもある意味修行させてもらう身で・・・。
もっとなんか厳しい面接とかあるのかなー・・・とか。
Sさんも、「落ちるかもしれないけど、そしたらまた紹介してあげるし。」
とか言ってたから・・・・・・・ほら・・・。


もう少し長いこと「面接」っぽいこと話して、
「じゃあ後日連絡しますから・・・。」とか。
そういう流れになるのかなー・・・とか思ってたんだけど・・・・・・???????





「いつから入る?」ってアナタ・・・。そんな・・・急な・・・・(笑)
願ってもナイことですが、あまりにも急で・・・・w







 優「・・・・・・・ら・・・来週からとか・・・どうでしょうか・・・?」






師匠「あ、はいはい~。じゃあ来週ね~。」






・・・・・・・・・・。どうも。採用されたらしいです(笑)
お母さん・・・私の心配は、ホント無駄な心配だったらしいです・・・・。






ということで、連絡先やらを詳しくお渡しして、おいとまを・・・。

店に入ってから出るまでの時間・・・15分。







・・・・・・・・来週からガンバルぞ・・・w
[PR]
# by country-cafe | 2007-03-16 13:40 | バイト

゚・*:.。. 面接.。.:*・゜

ぇー。告白します・・・・。




初日から4件もコメントがあるなんて
思っても見なかったのよ・・・・。




ということで、ありがとうございます。
びっくりしつつも幸せです・・・w





ということで、今日の日記にとりかかります・・・w







今日はですねー・・・。




人生を左右するかもしれない面接の日





でした(笑)




っていうと大げさすぎかな・・・?





というのも、
とある縁で知り合うことが出来た、こちらでの料理関係の方と、
以前一緒に飲みに行ってお話しをしてたところ、








S氏「そうかー。春から○○(専門学校の名前)行くんだねー。」


 優「ハイwSさん(↑の方)の後輩になりますよ~(*´▽`)」



S氏「おうおうw何でも世話してやるぞ~!」


 優「ホントですか!??助かります(*´▽`)」


S氏「バイトとかどうするつもりなんや??」


 優「それがまだ迷ってるんですよ・・・・」



S氏「迷ってるっつーと・・・・?」



で、贅沢なことに・・・うちはですね・・・



 優「和食と製菓両方に興味があるんですが決められません・・・」




と正直に相談しました・・・w

だって、本当にどっちも魅力的なんだけど、
全くジャンルが違いすぎて天秤にかけづらい・・・。
何もしないうちから決めるのは難しいな・・・って思ってたのです。



そしたらその方、本当にお優しくて・・・



S氏「じゃあ、両方紹介してあげるから、どっちもバイトしてみたら?」




なーんて・・・・w






ええぇぇ!?Σ(゚Д゚)







いいんですか!?

ねぇ、いいんですか!??そんな贅沢しちゃって!!


と、内心焦りまくりのビビリまくりでしたが・・・・




それと同時にィヤッホーゥヽ(゚∀゚)ノ




と、カナリ舞い上がってました(ノ∀`)



何にせよものすごくありがたい機会なので、
がっつりゲットさせていただくことに・・・・(*´▽`)





っと、そんな事情がありまして、
一昨日S氏が紹介の電話を入れてくださり、
今日の面接に至ったわけです・・・・w




もうね・・・ドッキドキでしたよ・・・。
17時にお約束してたんですが、
マサカ何かあって遅刻したらいけんと思って早く家出たら

30分ぐらい早く着いちゃって・・・(ノ∀`)
仕方ないからそこらにあった本屋に入ってウロウロウロウロ・・・w

もう落ち着かないったらありゃしないです・・・w



そんなこんながあって、お店へGO!




こちらのお店、前から食べに来たことはあったんですが・・・・
客としていくのとはわけがチガイマスヨ!(((( ;゚д゚)))アワワワワ




まずドアの前で迎えてくれたのは




[CLOSED]





クッ・・・・予想外だ・・・・w


でも、かまうことなく店内へGOw(だってお約束してたもんね(´Д⊂グスン




カランコローン




迎えてくれたのは・・・・

超素敵な大人の色気たっぷり(ぇ)の方でした(*´▽`)
コック服にチョコついてます!この人パティシエさんにマチガイありません!!




・・・・・・嗚呼・・・。師匠・・・・・(気が早い












.......to be continue (長すぎて書ききれない(纏めろや。

[PR]
# by country-cafe | 2007-03-15 01:07 | バイト
お待たせいたしました・・・。(待ってない

お久しぶりでございます(ホントにね。


優です・・・(*´▽`)




どえらい日記を最後に放置してから早8ヶ月・・・ぐらい?


申し訳ないとは思っていたのですが・・・

ようやく、生活やらメンタルやら立て直すことができました(´;ω;`)





知らない間にブログの機能も増えてて・・・ビックリです。ハイ。






というわけで、ご心配をおかけした方々に報告をば・・・。





まず・・・。






大学辞めました。




理由は・・・ですね。
教育実習での判定不可により留年が確定したため、
それならば・・・、もう教職につく気がないので、
自分が本当にやりたいことに時間とお金を割り当てよう・・・・と
そういうわけでございます・・・。



大学を辞めたのは8月の終わり。
要は後期からはバイト生活でしたね・・・。
後期の授業料や、来年一年間の授業料や一人暮らしの生活費を考えると、
前から考えていた「やりたいこと」ができるかも・・・というわけで。




じゃあ、やりたいことって何よ?ってわけですよね。





春から調理師専門学校行きます。




うちはやっぱり料理が好きです。

ということで地元の調理師専門学校に通うことにしました><


で、再出発を前にここをリニューアルして
ブログをまた新たに書き直そう・・・と思ったわけです、ハイ。



迷惑やら心配やらかけて本当にすいません・・・。

これからはまた、明るく楽しくやっていこーと思います><


ので、よろしければお付き合いを・・・(*´▽`)




ではでは、また明日・・・|´▽`)ノシ☆。・:*゚'★,。・:*
[PR]
# by country-cafe | 2007-03-14 03:31 | 日常

東京事変

昨日、大人(アダルト)を聞いて思ったことがあるんですが・・・・。






前の方がよかった気がするのは気のせい・・・・なの?







やっぱヒイズミ氏がいたときのほうがよかったなぁ。
ギターも晝海幹音の方がすきだったな・・・。


林檎さんは相変わらず素敵でしたが(*´▽`)


今の事変はバンドというより、林檎さんの独壇場な気がする。
それなら「椎名林檎」としてやってくれればよかったなぁ。

わざわざバンドにした意味が無いよ。
ソロん時と変わらない。

彼女が強いだけに、メンバーも多少アクが強くないと立たないんだろうなぁ。
そういう意味ではヒイズミさんと晝海幹音は最適だったのに。

何だか残念だ・・・。と思ってしまった。
[PR]
# by country-cafe | 2006-02-07 16:42 | 音楽

東京DOLL

東京DOLL
石田 衣良 / 講談社
スコア選択: ★★

石田さん久々の長編恋愛小説でした。



話の発想や構成は面白かったですよ。特に中盤までは。
でも、石田さんの作品としてみると、何か物足りない気がしたかも。

私がこれを買って読むまでに半年悩んだので、
過度な期待をしてしまったせいかもしれませんが。

それにしても、書かれている内容や葛藤が重い割りに、
読み終わったあとに、何か薄い印象を受けてしまいました。



いい言い方をすれば、「ライトに楽しめる、読みやすい一作」



悪い言い方をすれば、「確実に物足りない、すっきりしない一作」



だと、個人的には思います。





大好きな石田さんだからこそ、期待しすぎたのかも。
キャッチフレーズと、恋愛小説って言葉にイメージが固執してしまったからかな?

題名だけで、帯のキャッチフレーズとか見ずに、

前評判も耳に入れずに読んだら、もう少し楽しく読めたかも。


・・・と、何か偉そうに書いてますが。
細部にわたった描写の綺麗さとか、表現は素敵でした。
やっぱり石田さんだなぁ・・・・なんて。


1度読んだだけでこういう評価っていうのは、
なんだか悪い気もするので、時間を空けてもう一度読んでみようかな。



次回に期待して、星2つということで。
石田さんファンの方々。気を悪くしないで下さいね?
[PR]
# by country-cafe | 2006-01-28 22:36 |

パープルムカデ

パープルムカデ
Syrup16g 五十嵐隆 / コロムビアミュージックエンタテインメント
スコア選択: ★★★★★

―ネガティブなだけじゃない。不定で且つ浮上する一曲―

あー・・・今までとどこか違う・・・。
ソレが一番最初のイメージでした(笑) <br/>
今までSyrup16gといえば国内随一の
ネガティブシンガーとして名高い存在でしたが
(勿論そんな五十嵐さんも大好きですが)

今回は歌詞がどこか明るい。
旋律が優しく暖かい(こっちは元からか。)
絶妙の気持ちよさでした。

特に

付け足さないで そのままで
ただの名もなき風になれ
(1.パープルムカデ)

一つ残らず計算で
割り切れないものばかり
確かなことは少しだけ
この胸にある思いだけ
(2.(I'm not) by you)

その時 体中が
未来を感じたんだ
すべてはここにあって
何もなかったけれど
(3.回送)

飛び立つのさ 
自分の意思で放つのさ
この空の彼方を見てみたい <br/>(4.根ぐされ)

このあたり・・・?(笑)
著作権も考えたけれど思わず歌詞を載せてしまった。

まぁ、ポジティブな詩と対で五十嵐節が炸裂してますが。
それもステキ。だってこれがなきゃSyrupじゃない。

お奨めと言われても・・・今回は全曲お奨め。
これホントですよー。
このCDから聞くのもいいですが
COPYとかを聞いてから聞くと

「こう変わったのか」って楽しめる気も。
是非セットで聴いて下さい。

では長々と失礼しました。
[PR]
# by country-cafe | 2006-01-23 14:48 | 音楽

スイッチを押すとき

スイッチを押すとき
山田 悠介 / 文芸社
スコア選択: ★★

―大切にしよう。今という時間を・・・―


えーと、辛口ですみませんが。
「発想はすごくステキなのに活かしきれてない」
というのが率直な感想でしたね。

ストーリーが二転三転するんです。
その展開はすごく好きなのに、
物書きの命ともいえる文章が
・・・すみませんが、大変稚拙
感じました。

勿論、ストーリーが面白くなくては
人は読む気になりませんが、文章も同じです。
どっちが欠けてもダメなんですよ。

私が毎度山田悠介さんの本を買うのは
彼の発想に魅力を感じるから。

鬱な時に読むのはおやめください。
多分テンションがどん底まで落ちますから(笑)





また次回に期待といったトコロですかね。














これ以降ネタバレの恐れがありますので
見たくないという方はお控えください。














以下、ストーリーについてです。

未成年者の自殺が増大し、その抑制のために
少数の犠牲を以って、実験をおこなう。
「ヒトがどんな時に死にたくなるか」
死にたくなったら、スイッチを押せば死ねる。
有り得ないのに、どこかリアルに感じます。

また、そんな安直な統計で何がわかる?と
政府を皮肉って書くトコも山田悠介らしいです。

でも・・・
折角4人の子供たちが出てきたのに
先の3人の扱いがぞんざいでもったいない。
やっつけ仕事って印象でした。

主人公の展開が急すぎる。
意外性はあるものの、もう少し匂わせて欲しかった。

無茶過ぎる行動が多過ぎる。

などなどです。
批判ばかりしてごめんなさい。
でも、期待してからですよ。

展開がはやいので、
バックストーリーを勝手に想像しながら
ゆーーっくり読みました。

[PR]
# by country-cafe | 2006-01-22 03:39 |

With Teeth

With Teeth
Nine Inch Nails / I Nothing
スコア選択: ★★★★★

―遂に来た!!6年の沈黙をぶち破る一作!!!―


この6年・・・
これだったのか・・・って感じですね
トレントの声に磨きがかっましたよ。
もう、プロモと一緒にTheHandThatFeedsを聞きました。

脳天直下ですよ。超セクシー!!
かっこよすぎて鼻血でも出るかと思った。
(心なしか太った気がするのは気しない。)

まぁ、何より初めての人も
すごく取っ掛かり易い一枚なんじゃないでしょうか~??
いい意味で単純というか素直というか。
今までがねじれ過ぎてて(?)新鮮でしたよ
原点に帰ったのか・・・。いや。進化かな。

お気に入りは
6.EveryDayIsExactlyTheSame
トレントの良さが気持ちよく伝わるんです。

でも完成度が高いのはやっぱり
TheHandThatFeedsでしょうね。
これ、4曲目がオリジナルで16曲目はRuffMixです。
気分て聞き分けます。さらっと聞きたいときは4。
重厚なのが欲しければ16。


書きすぎですね。
言いたいことが収まりきらないんですよ。


とりあえず、お奨めですよー。

推奨曲
01.AllTheLoveInTheWorld
04.TheHandThatFeeds
06.EveryDayIsExactlyTheSame
14.Home
16.TheHandThatFeeds(RuffMix)


[PR]
# by country-cafe | 2005-11-22 01:20 | 音楽

ここにしか咲かない花

ここにしか咲かない花
コブクロ 小渕健太郎 / ワーナーミュージック・ジャパン
スコア選択: ★★★★★



―日頃背負った疲れ。優しく解放してくれる一曲―



今回はコブクロさんです。
これはもう、言わずと知れた名曲ですよね!!!


普段コブクロさんを殆どきいたことがなかったんですよ。


でもこれはホント感動したんです。
曲もさることながら、今回は歌詞ですよ。


フラれた今だから余計になのかも(笑)


久々に聞いた歌詞で思わず泣きそうになってしまったのは
「寂しさ隠せずにいるなら 一人になればいい
 囁くほどの声で呼んでいるのは いつも 同じ名前」


人には見せられない弱い部分はあるんですよ。
弱い部分を見せれば周りは心配する・・・。
だから隠す。
でも、どこかで気づいてほしいって思ってるんですよ。


「影が教えてくれるのは そこにある悲しみだけじゃない
 うつむく顔をあげて振り返れば そこにある光に気づくだろう」
当たり前のことなのに皆気づかない。
皆悪いことばかりを見るから。



気づいてほしいんです。
大切なことを見落としていないか
気づいてほしいんです。
失って泣く前に・・・・。


そんな気持ちに気づかせる一曲です。
「大丈夫?」そんな言葉は一言も使ってないのに
疲れた時に「大丈夫?」って
包み込んで癒してくれる歌詞です。


是非聴いて下さいね!!!
[PR]
# by country-cafe | 2005-11-07 13:58 | 音楽